海外製/海外販売のバドミントン用ストリング(ガット)や関連商品を紹介

バドミントンのストリング(ガット)や関連商品を紹介するページです。日本国内から海外発売/海外製のものまで。

バドミントンラケット 修理(補修) 折れた(ヒビ)部分を補強する その4

ダイソーエポキシをテスト

 キャンドゥーのエポキシ樹脂を購入したかったですが近所に売っていませんでした。仕方なくダイソーで購入してきました。ダイソーエポキシ樹脂をテストしてみます。

 結論を書けばダイソーエポキシ樹脂はカーボンクロスには適しませんでした。

 

f:id:yonexstring:20170623211308j:plain

f:id:yonexstring:20170623211322j:plain

 

同容量で混ぜるとあります。

f:id:yonexstring:20170623211346j:plain

 

電子秤で計量します。

注:0.1gもしくは0.01g単位を量れる秤を用意します。メーカーで言えば【A&D】や【タニタ】です。アマゾンにて1,000円~1,200円で販売されている0.01gを計量出来る(とうたわれているメーカー不詳)電子秤は正確に計量出来ません。安さに惹かれ利用してみましたがエポキシ樹脂の硬化不足が顕著にありました。分銅によるテストもしましたが誤差が大きいです。

 

A液を入れます。

f:id:yonexstring:20170623212542j:plain

 

B液を入れます。

f:id:yonexstring:20170623212615j:plain

 

結果は混ぜてる間に硬化が始まり、カーボンクロスに塗ることも出来ませんでした。

最初から蜂蜜くらいの堅さです。混ぜている間に気泡が多く入り抜けることはありません。2分ほど混ぜているとかなり堅く、混ぜ棒を上げてもくっついて下に落ちこともありません。

f:id:yonexstring:20170623212641j:plain

 

ほかのエポキシ樹脂

手持ちのエポキシ樹脂です。左側のGM-6800を使います。

f:id:yonexstring:20170623212942j:plain

発売元のページにて注意書きを確認します。

エポキシEpoxy.com、先進エポキシ開発のブレニー技研。www.blenny.co.jpトップ サイトは、http://blenny.ddo.jp/ http://www.blenny.co.jp/ http://blenny.info/

・23℃で7日間経過しても100%硬化はほぼ無い
・常温で60~70%の硬化状態。これを加熱(60℃程度)すると30分間後に一旦、柔らかく強度低下(弾性状)。その後、性能上昇(靱性状態と変化)する。その間に圧力・応力・薬品など掛かると一番、弱い状況での破損につながる恐れがある。このため、塗布・肉盛り後、常温硬化+熱処理を実施した方が良い。
・常温硬化は12時間~24時間以内程度。加熱硬化は60℃-2時間
・60℃2時間加熱硬化すると得られる特性は【靭性が出る】【物性が上がる】【破壊エネルギーが増大する】など
・100℃-数時間の加熱処理後の性能は遙かにねばりが出て、もろさが改善される。
・40℃以下での加熱処理は加熱処理の意味合い=効果が少なくなる。50℃以上の温度処理により、熱処理の効果を発揮してくる。接着強さを追求される場合はあくまで、50℃以上の熱処理が必要。極端に言えば2倍程度接着強度が違ってくる。
・80℃-5~10時間以内限度を一つの、フルキュアー限度と見なせば良い

・低粘度化を実施する場合の通常手法(性能を落とさないで)
1.主剤の温度を30℃~35℃程度までUPする
2.コーティングする母材を暖める
3.ライティング(電球などで)にて暖めながら作業する
・対象物の塗布、接着面、肉盛り、流し込み、修理面を加熱&昇温させる。これにより、接着力は結果的にUP、ぬれ特性もUPし投錨効果もUP。被着体面にエポキシ樹脂/GM-6800が触れた、流し込んだ、当たった瞬間から粘度低下が始まる
・冷えている被着体面に流し込む、コーティングする場合、逆に粘度上昇して気泡は抜けにくくなりる。
・表面に気泡があれば軽くキンチョールを吹きかける

 

作業手順

注意書きを参考にして下記の手順を取りたいと思います

  1. ひび割れを接着
  2. 元の形で固定。常温硬化:27℃-24時間
  3. 加熱硬化:60℃-2時間
  4. カーボンクロスの積層。常温硬化:27℃-24時間
  5. 加熱硬化は60℃-2時間

 

ひび割れの接着

ヒビを接着します。

作業中は温度低下を避けるためあらかじめ部屋を暖かくしておきます。それが無理な場合、ラケットの接着箇所をライトの下やこたつ電気カーペット等で温めておきます。電気カーペットが一番温度管理がしやすいです。また、机のライトは全て点けておきます。

 

写真は撮っていませんが、電子秤で正確に計量します。最低2分以上は攪拌します。

f:id:yonexstring:20170623213258j:plain

 

ヒビが入っている箇所を広げエポキシ樹脂を接着面に塗り込みます。下記は別工程の写真です。塗装を削った全体でなくヒビ部分のみ塗り込みます。

圧力と接着力は比例します。エポキシ樹脂を塗った後は焼き肉の網やワイヤーネットに置き結束バンド等で固定し整形します。接着面同士がぴったりとくっつくように固定します。

f:id:yonexstring:20170623221724j:plain

元の形で固定。常温硬化:27℃-24時間

加熱硬化:60℃-2時間

 

カーボンクロスの積層

カーボンクロスの巻き終わりにはほつれ防止のマスキングテープを貼っておきます。硬化後も剥がすことが可能です。

f:id:yonexstring:20170623222734j:plain

f:id:yonexstring:20170623222850j:plain

 

電子秤には汚れ防止にラップをかぶせています。スポイトで容器に移していきます。

f:id:yonexstring:20170623222915j:plain

 

主材。スポイトは使い捨てです。主材と硬化剤が混ざらないようにします。

f:id:yonexstring:20170623223008j:plain

 

硬化剤。

f:id:yonexstring:20170623223044j:plain

f:id:yonexstring:20170623223149j:plain

 

まぜまぜ

f:id:yonexstring:20170623213258j:plain

 

カーボンを貼り付けるところに塗り塗り。

f:id:yonexstring:20170623221724j:plain

 

用意していたポリ袋を広げます。

f:id:yonexstring:20170623223226j:plain

 

エポキシ樹脂を塗ります。

f:id:yonexstring:20170623223746j:plain

 

クロスを置きます

f:id:yonexstring:20170623223816j:plain

 

エポキシ樹脂を垂らします。

f:id:yonexstring:20170623223853j:plain

 

袋を閉じます

f:id:yonexstring:20170623224139j:plain

 

カーボンクロスに気泡が残らないように含浸させていきます。

樹脂が行き渡ったら、余分な樹脂をしごきだしていきます。

f:id:yonexstring:20170623224217j:plain

 

手袋をします。

f:id:yonexstring:20170623224600j:plain

 

ビニールテープもすぐに使えるように用意しておきます。

f:id:yonexstring:20170623224759j:plain

 

カッターで切り出します。カッターは常に新しい刃を使うようにします。

f:id:yonexstring:20170623224346j:plain

 

切れました。

f:id:yonexstring:20170623224432j:plain

 

ポリ袋でサンドされたパッチが出来ました。

f:id:yonexstring:20170623224525j:plain

 

片側のポリ袋を剥がします。

f:id:yonexstring:20170623224706j:plain

f:id:yonexstring:20170623224905j:plain

 

巻いていきます。

f:id:yonexstring:20170623224922j:plain

 

両手で巻くので写真はありません。ピールプライクロスも巻きました。

f:id:yonexstring:20170623224950j:plain

 

ファブリックも巻きます。

f:id:yonexstring:20170623225430j:plain

f:id:yonexstring:20170623225525j:plain

 

ビニールテープで巻きます。きつく巻きます。

f:id:yonexstring:20170623225547j:plain

 

f:id:yonexstring:20170623225629j:plain

 

次の日

f:id:yonexstring:20170623225653j:plain

 

剥がします。

f:id:yonexstring:20170623225728j:plain

f:id:yonexstring:20170623225807j:plain

f:id:yonexstring:20170623225822j:plain

 

マスキングテープも取ります。

f:id:yonexstring:20170623225839j:plain

 

ライトで硬化させます。ライトは熱源の反対側と温度差が大きいです。対流式の加熱が推奨されます。

f:id:yonexstring:20170623225917j:plain

 

時間を計測し裏返してムラにならないよう加熱させていきます。

f:id:yonexstring:20170623230105j:plain

 

つづく

バドミントンラケットの修理 折れた(ヒビ)部分を補強する その3 準備

つづき

 

準備:ラケットの塗装膜を剥がす

カーボンクロスを巻く部分の塗装を剥がしていきます。

まずはサンドペーパー100番でざっと表面を削り落とします。

f:id:yonexstring:20170618002143j:plain

※水研ぎ用サンドペーパーは使いません。水を使うとラケットの中にあるコア材が濡れてしまいます。

 

180番でカーボンが薄く見えるか見えないかぐらいまで研ぎます。研ぐ際はサンドペーパーを板に巻き付けて研いでいきます。

最後は320番でカーボンが見えるまで研ぎます。

f:id:yonexstring:20170618211639j:plain

 

凹んだ部分も全て塗膜を取り除きます。

f:id:yonexstring:20170618212906j:plain

 

サンドペーパーを切り分ける際は何度か折り曲げて手で破きます。ハサミを使うと刃がダメになりますので注意してください。

f:id:yonexstring:20170618212940j:plain

f:id:yonexstring:20170618213040j:plain

 

カーボンクロスを巻き付ける部分は全て塗膜を除去します。カーボンまで削ってはいけません。強度が無くなります。

養生テープ近くは塗膜が残っていて構いません。

f:id:yonexstring:20170618213109j:plain

※養生テープ(黒ビニールテープ)は厚く巻いておかないとサンドペーパーで削れてしまいます。

 

準備:脱脂。油膜の除去

 カーボンクロスを巻き付ける部分の油膜を落とします。下記の写真に写っている品等できれいにします。スプレータイプのモノは直接噴射してはいけません。コア材が侵されます。

 今回はアセトンを使いました。100均ではマニキュアを落とす除光液が使えます。表示を見て【アセトン】の除光液を購入しましょう。

f:id:yonexstring:20170618213408j:plain

 

キッチンペーパーに液を含ませて拭いていきます。養生テープにも削り粉が付いているので合わせて拭いていきます。

f:id:yonexstring:20170618213109j:plain

 

つづく

バドミントンラケットの修理 折れた(ヒビ)部分を補強する その2 準備

つづき

 

準備:ポリ袋の用意

 カーボンクロスにエポキシ樹脂を含浸させるときに使うポリ袋を用意します。下記の写真は家にあった袋です。ジップロックでも、商品が入っていた袋でも何でもいいです。ただしある程度コシ(厚み)がある品が後の作業がしやすいです。

f:id:yonexstring:20170618153211j:plain

f:id:yonexstring:20170618153433j:plain

 

パッケージより一枚取り出します。

f:id:yonexstring:20170618153453j:plain

 

サイドを切ります。

f:id:yonexstring:20170618153524j:plain

 

底も切り開きます。

f:id:yonexstring:20170618153551j:plain

 

広げたところです。

f:id:yonexstring:20170618153628j:plain

 

袋を元に戻します。下の画像で言えば上と右側(底)をハサミで切っています。

型紙を袋にあてサイズを書き写します。

f:id:yonexstring:20170618153812j:plain

f:id:yonexstring:20170618153727j:plain

 

外側の両端に書き、広げれば下記のようになります。

f:id:yonexstring:20170618154000j:plain

 

準備:カーボンクロスの切り出し

カーボンクロスを切り出します。新聞紙の上に広げます。

f:id:yonexstring:20170618154144j:plain

 

型紙を当て一回り大きくマスキングします。

f:id:yonexstring:20170618154238j:plain

 

型紙を取り、スプレー糊を全体にサッと一拭き。

f:id:yonexstring:20170618154357j:plain

 

ひっくり返し、同じ場所の裏側もスプレー糊を吹きかけます。

f:id:yonexstring:20170618154521j:plain

f:id:yonexstring:20170618154537j:plain

f:id:yonexstring:20170618154554j:plain

 

マスキングの新聞紙を取り、型紙を当てます。

f:id:yonexstring:20170618154618j:plain

 

ハサミで一回り大きく切り出します。

f:id:yonexstring:20170618154654j:plain

f:id:yonexstring:20170618154721j:plain

 

先ほどのポリ袋にあてがうと下記のようになります。

f:id:yonexstring:20170618154754j:plain

 

裏から。

f:id:yonexstring:20170618154838j:plain

※カーボンクロスは不要な溶剤を飛ばすため1日置いておきます。

 

準備:ピールプライクロスの切り出し

f:id:yonexstring:20170618155050j:plain

 

型紙をクロスに当てます。

f:id:yonexstring:20170618155111j:plain

 

一回り大きく切り出します。

f:id:yonexstring:20170618155201j:plain

 

ブリーザーファブリックも切り出しておきます。

ホコリとりフィルター換気扇でもOKです。100均にも似たようなモノが売っています。

http://www.yodobashi.com/product/100000001001869398/

f:id:yonexstring:20170618155232j:plain

 

型紙を当て一回り大きく切り出します。同じモノを2枚切り出します。

f:id:yonexstring:20170618155454j:plain

 

一枚は丸めておきます。

f:id:yonexstring:20170618155547j:plain

 

必要なモノが大体揃ってきました。

f:id:yonexstring:20170618155620j:plain

 

つづく

バドミントンラケットの修理 折れた(ヒビ)部分を補強する その1 準備

バドミントン ラケット 修理

はじめに

 折れたバドミントンラケットを修理してみたいと思います。今回は比較的破損度合いが低いヒビが入ったラケットです。修理後の品質目標は公園でバドミントンをするレジャー用として使えればいいクオリティーを目指します。

 

 修理と言ってもヒビが入っている箇所にカーボンクロスを巻きエポキシ樹脂で固めただけです。骨が折れたときに処置するギブスと同じで折れた箇所を固定するだけです。折れたラケットが元に戻るわけではありません。修理と言うより補強です。

 日本を含め世界中のSNSで修理ラケットについて書かれています。『修理前と変わらない』とレビューもあるし、『3ヶ月/6ヶ月/1年で折れた』『修理前と打ち心地が違う』等のレビューもあります。自分で修理したラケットを使ってみると打ち心地は違いました。ですが、目標のレジャー用としては使えました。

 

注意

その1:ショップでガットを張ってもらえない。補強した折れたラケットをショップに持っていき張ってもらえるか確認したところ『張れない』と返事を貰いました。【折れたラケット/ヒビ入りラケットは張らない】と決めてあるショップが多いので当然です。ここの方法を真似しても自分でガット張りが出来る環境に無い人は意味ない場合があります。お金を払い修理してもらうラケットの場合はどうなのでしょう?どのお店でもガットを張ってもらえるのでしょうか?

 

準備:グロメットを外す

修理対象はボルトリック70です。

f:id:yonexstring:20170618001418j:plain

 

内側は断裂してます。

f:id:yonexstring:20170618001524j:plain

 

側面から上端はつながっています。

f:id:yonexstring:20170618001621j:plain

f:id:yonexstring:20170618001716j:plain

 

グロメットを外します。

f:id:yonexstring:20170618001731j:plain

 

修理箇所周辺は全部外しておきます。

f:id:yonexstring:20170618001807j:plain

 

準備:養生

カーボンクロスを貼り付けない箇所を養生していきます。仕上がりラインより少し内側まで養生します。

f:id:yonexstring:20170618001904j:plain

 

決めた位置に3回くらい隙間がないように巻きます。

f:id:yonexstring:20170618002036j:plain

 

残りの部分も全てテープで養生します。

f:id:yonexstring:20170618002143j:plain

 

準備:カーボンクロスの型紙作成

カーボンクロスを切り出す際に使う型紙を作ります。適当な紙を当て切り出し箇所にチェックします。

f:id:yonexstring:20170618002317j:plain

 

印を付けた幅で切ります。

f:id:yonexstring:20170618002523j:plain

 

ラケットに当てサイズを確認します。大きいようです。

f:id:yonexstring:20170618002605j:plain

 

幅を狭めます。

f:id:yonexstring:20170618002657j:plain

 

再度チェックします。ちょうど良い幅です。

f:id:yonexstring:20170618002726j:plain

 

ラケットに巻いていきます。

f:id:yonexstring:20170618002812j:plain

 

今回は三周させました。

f:id:yonexstring:20170618002839j:plain

 

切断箇所に印を入れます。

f:id:yonexstring:20170618002911j:plain

 

切りました。

f:id:yonexstring:20170618003133j:plain

 

つづく

バドミントンラケットの切断 修理ラケットを観察する

ナノレイ750の切断

海外にはラケットを修理するサービスがあります。日本からも依頼することができます。近年、日本のショップでもラケット修理サービスが複数出てきています。真似して修理をしてみたいと思います。

どのように修理しているか確認する

ここでは修理済みナノレイ750を切断して内部構造を見てみます。

f:id:yonexstring:20170606212129j:plain

外観

f:id:yonexstring:20170606212334j:plain

f:id:yonexstring:20170606212451j:plain

f:id:yonexstring:20170606212506j:plain

f:id:yonexstring:20170606212538j:plain

 

グロメットを外しました。100均の細い丸環を使うと早く外せます。

f:id:yonexstring:20170606212740j:plain

 

修理済みグロメットホールは元々と同じ直径です。シェアホールはほかの穴と比べ大きいです。

f:id:yonexstring:20170606212658j:plain

 

ホールの真ん中までカーボンで覆われています。

f:id:yonexstring:20170606212848j:plain

f:id:yonexstring:20170606212958j:plain

 

内側

f:id:yonexstring:20170606213042j:plain

 

サイズを測ってみます。

f:id:yonexstring:20170606213725j:plain

 

カーボンを巻いているところ。

f:id:yonexstring:20170606213742j:plain

カーボンを巻いていないところ。

f:id:yonexstring:20170606213803j:plain

 

カーボンを巻いているところ。

f:id:yonexstring:20170606213852j:plain

カーボンを巻いていないところ。

f:id:yonexstring:20170606213919j:plain

切断

ラケットはFRPです。切断するとカーボン繊維が出てきます。繊維が皮膚に刺さります。厚手の手袋や防塵ゴーグル・防塵マスク・防護服が必要です。【frp 切断 粉塵】なので検索し対策を十分する必要があります。

 

まずはカーボンを巻いていない箇所を切断します。

f:id:yonexstring:20170606214052j:plain

 

中にコア材が見えます。コア材は黄色ですがカーボン切削粉が付着し黒くなっています。コア材はヨネックスのWEBページにも記載があります。

スピン性能と打球パワーをさらに高めたVCORE Xi Speedを発売|NEWS ニュース | YONEX TENNIS ヨネックステニス

f:id:yonexstring:20170606214134j:plain

f:id:yonexstring:20170606214622j:plain

 

切断するのではなく、ラケットを折ってみました。中に見えているのがコア材です。

f:id:yonexstring:20170606214730j:plain

 

カーボン繊維が見えます。

f:id:yonexstring:20170606214824j:plain

 

赤線で切断してみます。

f:id:yonexstring:20170606215220j:plain

f:id:yonexstring:20170606215327j:plain

 

グロメットホールにも塗膜があります。

f:id:yonexstring:20170606215404j:plain

 

コア材は掻き取れるくらいの強度です。

f:id:yonexstring:20170606215524j:plain

 

シャフト付近も切断してみます。

f:id:yonexstring:20170606215633j:plain

f:id:yonexstring:20170606215719j:plain

 

Tジョイントがどうなっているか見てみます。

f:id:yonexstring:20170606215759j:plain

f:id:yonexstring:20170606215819j:plain

 

切れました。

f:id:yonexstring:20170606215849j:plain

 

f:id:yonexstring:20170606215921j:plain

f:id:yonexstring:20170606215953j:plain

f:id:yonexstring:20170606220009j:plain

 

シャフト

f:id:yonexstring:20170606220030j:plain

 

修理されている箇所を見てみます。グロメットホールがどうなっているか見てみます。

f:id:yonexstring:20170606220118j:plain

f:id:yonexstring:20170606220210j:plain

 

横に切ります

f:id:yonexstring:20170606220617j:plain

 

折れた部分が分かります。

f:id:yonexstring:20170606220647j:plain

 

ラケット修理の準備

修理をする上で参考にするページは下記です。

カーボンパーツ補修工房

 

カーボンクロス

中華無印カーボンは扱いにくいです。【東レ(日本製)】と明記してある品を購入すべきです。

 

切断したラケットからどのように修理するか想像します。既に材料は揃え試しましたので方法をまとめアップしたいと思います。

ヨネックス 正規品バドミントンラケットグリップの構造

壊れたバドミントンラケットを切断してみます。出所不明ラケットと比較することで模倣品かどうか判断する材料にします。

 

以前の記事に出てきていたナノレイ750です。

f:id:yonexstring:20170604000055j:plain

f:id:yonexstring:20170404230413j:plain

 

元グリップを外します。

f:id:yonexstring:20170604000212j:plain

 

f:id:yonexstring:20170604000314j:plain

 

元グリップの張り始めをタッカーで止めています。位置はグリップの広い方(ラケット正面)です。

f:id:yonexstring:20170604000300j:plain

 

同じ面に三つ打たれているので外します。

f:id:yonexstring:20170604000402j:plain

 

サイド(狭い方)のタッカーを外します。

f:id:yonexstring:20170604000449j:plain

 

元グリップを止めるタッカーとはサイズが異なります。

f:id:yonexstring:20170604000712j:plain

 

元グリップを止めていた反対側を外します。

f:id:yonexstring:20170604000755j:plain

f:id:yonexstring:20170604000846j:plain

 

サイドです。

f:id:yonexstring:20170604000924j:plain

f:id:yonexstring:20170604000954j:plain

 

これでグリップエンドキャップが外れます。

f:id:yonexstring:20170604001012j:plain

 

グリップエンドに重り(分銅)が入れられています。

f:id:yonexstring:20170604001047j:plain

f:id:yonexstring:20170604001137j:plain

 

【2】の表示が見えます。

f:id:yonexstring:20170604001149j:plain

 

重量を量ったら2gでした。

f:id:yonexstring:20170604001225j:plain

 

次回はフレームをのこぎりで切断してみます。

ヨネックス 海外正規品/海外モデル ラケット ボルトリックの価格 

ヨネックス 海外モデル/海外正規品 ラケット ボルトリックの価格

中国や東南アジアのバドミントンラケットは安いイメージがあります。実際に定価を見てみます。

下記は中国で販売されているボルトリックの一覧です。定価を日本円に換算しています。レートは17円です。実売価格は10~20%引きを見かけます。

 

www.yonex.cn

中国のボルトリック一覧

  定価テイカ人民元ジンミンゲン 日本円ニホンエン 生産地セイサンチ 型番カタバン サイズ 打球感ダキュウカン 素材ソザイ  シャフト ナガ 推奨スイショウ張力チョウリョク
  レート17エン       地: 商品代 球拍格: 拍杆度: 拍框材 拍杆材 度: 建议lbs数:
VOLTRIC LD-FORCE 1,880元 ¥31,960 日本 VTLD-F 4U (平均83g) G4,5;3U (平均88g) G4,5 高弾性カーボン;DRナノメトリック;タングステン 高弾性カーボン;ナノメトリック 10mm
LONG
4U20-27lbs;3U20-28lbs
VOLTRIC Z FORCE II 1,850元 ¥31,450 日本 VTZF2CH 4U (平均83g) G4,5;3U (平均88g) G4,5 特硬 ナノメトリック;高弾性カーボン;サウンドフィルター;タングステン EX-HMG;高弾性カーボン;ナノメトリック 10mm
LONG
4U20-27lbs;3U20-28lbs
VOLTRIC 80 E-TUNE 1,830元 ¥31,110 日本 VT80ETNCH 4U (平均83g) G4,5;3U (平均88g) G4,5 ナノメトリック;高弾性カーボン;タングステン ナノプリーム;高弾性カーボン 10mm
LONG
3U20-27lbs;4U19-26lbs
VOLTRIC GLANZ 1,830元 ¥31,110 日本 VT-GZYX 4U (平均83g) G4,5 中等 ナノメトリック;高弾性カーボン;レクシルファイバー;タングステン 高弾性カーボン;ナノメトリック 10mm
LONG
4U17-22lbs
VOTRIC FB 1,760元 ¥29,920 日本 VT-FBYX 5U(平均78g)G4,5;F(平均73g)G5,6 高弾性カーボンフレーム;ブラックマイクロコア;タングステン 高弾性カーボン;ナノメトリック 10mm
LONG
F19-24lbs;5U19-24lbs
VOLTRIC i-FORCE 1,570元 ¥26,690 日本 VTIFCH 5U(平均78g)G4,5 中等 高弾性カーボン;タングステン 高弾性カーボン 10mm
LONG
5U19-24lbs
VOLTRIC 50 E-TUNE 950元 ¥16,150 中国台湾 VT50ETNEX 4U (平均83g) G4,5;3U (平均88g) G4,5 高弾性カーボン;サウンドフィルター;タングステン 高弾性カーボン 10mm
LONG
3U20-27lbs;4U19-26lbs
VOLTRIC 30 900元 ¥15,300 日本 VT30SYX 5U(78g)G5,6 高弾性カーボン;カーボン カーボン 10mm
LONG
5U17-22lbs
VOLTRIC 10 TOUR 760元 ¥12,920 日本 VT10TRCH 3U (平均88g) G4,5 中等 カーボン;タングステン カーボン 10mm
LONG
3U19-24lbs
VOLTRIC LD 9 730元 ¥12,410 中国台湾 VTLD9 4U (平均83g) G4,5 高弾性カーボン;ソニックメタル;タングステン 高弾性カーボン 10mm
LONG
4U19-24lbs
VOLTRIC 7(2016) 670元 ¥11,390 中国台湾 16VT7EX 4U (平均83g) G4,5 中等 高弾性カーボン;タングステン カーボン 10mm
LONG
4U19-24lbs
VOLTRIC 7 NEO 590元 ¥10,030 中国 VT7NEX 4U (平均83g) G4,5 中等 高弾性カーボン;タングステン 高弾性カーボン 10mm
LONG
4U19-24lbs
VOLTRIC LD 3 580元 ¥9,860 中国台湾 VTLD3 4U (平均83g) G4,5 中等 カーボン;タングステン 高弾性カーボン 10mm
LONG
4U19-24lbs
VOLTRIC 10 DG 550元 ¥9,350 中国台湾 VT10DGEX 3U (平均83g) G4,5 超強高弾性カーボン;高弾性カーボン繊維;タングステン 高弾性カーボン繊維 10mm
LONG
3U24-35lbs
VOLTRIC 5(2016) 540元 ¥9,180 中国台湾 16VT5EX 3U (平均83g) G4,5 中等 カーボン;タングステン カーボン 10mm
LONG
3U19-24lbs
VOLTRIC 7 DG 470元 ¥7,990 中国台湾 VT7DGEX 3U (平均88g) G4,5 中等 超強高弾性カーボン;高弾性カーボン繊維;タングステン 高弾性カーボン 10mm
LONG
3U24-35lbs
VOLTRIC 5 FX 450元 ¥7,650 中国台湾 VT5FEX 3U (平均83g) G4,5 超柔 カーボン;軽量化カーボンNEO;タングステン 高弾性カーボン 10mm
LONG
4U19-24lbs
VOLTRIC LD 200 430元 ¥7,310 中国 VTLD200 4U (平均83g) G4,5 中等 カーボン;タングステン カーボン 10mm
LONG
4U19-24lbs
VOLTRIC 1 DG 400元 ¥6,800 中国台湾 VT1DGEX 3U (平均88g) G4,5 中等 超強高弾性カーボン;高弾性カーボン;タングステン 高弾性カーボン 10mm
LONG
3U24-35lbs
VOLTRIC 1 390元 ¥6,630 中国台湾 15VT1GE 4U (平均83g) G4,5 カーボン;タングステン カーボン 10mm
LONG
4U19-24lbs
VOLTRIC LD 100 380元 ¥6,460 中国 VTLD100 4U (平均83g) G4,5 中等 カーボン;タングステン カーボン 10mm
LONG
4U19-24lbs
VOLTRIC 1 TOUR 350元 ¥5,950 中国 VT1TRGE 4U (平均83g) G4,5 中等 高弾性カーボン;タングステン 高弾性カーボン 10mm
LONG
4U19-26lbs
VOLTRIC D 55 350元 ¥5,950 台湾 VTD55GE 4U (平均83g) G4,5 カーボン;タングステン カーボン 10mm
LONG
4U19-24lbs
VOLTRIC 0F 330元 ¥5,610 中国 VT0FGE 4U (平均83g) G4,5 カーボン;タングステン カーボン 10mm
LONG
4U19-24lbs
VOLTRIC LITE 330元 ¥5,610 中国 16VTLTGE 4U (平均83g) G4,5 カーボン;タングステン カーボン 10mm
LONG
4U19-24lbs
                     

 

  前回の記事で書いたナノレイと同じく日本発売品が日本より高額です。例えば【VOLTRIC Z FORCE II】は日本では定価25,000円+税で売られていますが、中国では31,000円程です。東南アジアでも似たようなモノです。

 そのため海外のバドミントン愛好家が集う掲示板では、日本へ旅行する友人に日本のショップで購入を依頼する旨が書かれています。当然、バドミントン愛好家が日本を訪れた際も購入し本国へ持ち帰る場合もあります。安く買える免税店の情報を掲示板で交換しています。

 お近くのスポーツショップでも【免税】の文字を見かけたことがあるのではないでしょうか。中国や東南アジアで購入するより日本で購入した方が安いのです。

 

日本での海外モデルラケット

 上記で見たように海外で発売されている高機能ラケットは日本でも発売されています。日本で購入した方が安く保証もあります。そのため、高機能ラケットは輸入販売される機会は少ないです。型落ちで安い品や日本未発売カラーを付加価値として輸入販売するくらいです。

 したがって日本で輸入販売される海外モデル(ラケット)の多くは、日本で発売されていない中国OEM台湾製の安ラケットです。安ラケットが【高機能ラケットと同じ操作性!】【高機能ラケットと同じ形!同性能!】といったキャッチフレーズで販売されます。現地本体価格に日本への送料+関税+通販サイト出店料+転売者利益+日本国内の送料等が加算され高い販売価格になります。高い販売価格になっても性能は低いままです。

 

ボルトリック DGシリーズ 【VOLTRIC 1 DG】【VOLTRIC 7 DG】【VOLTRIC 10 DG】

ボルトリックの中でもDGシリーズは男子学生に人気です。世界中の男子学生は中二病的(思春期)な時期があり、『高ポンド!35lbs対応!!』『耳をつんざく金属音!』『君の手にもリンダンと同じボルトリックシーリーズを!』といったキャッチフレーズに惹かれます。憧れだけで手にする人が多いので海外の掲示板では「このDGシリーズを使っている人と試合で当たるとラッキー。無駄に高いポンドで張り使いこなせてないから弱い」と書き込みを見たことがあります。


 ボルトリック7 海外モデル

【ボルトリック7 海外モデル】は日本で発売されている【ボルトリック70 E-チューン】とは全く異なる商品です。

海外モデルには日本発売品に似たモデル名の商品があります。商品名が似ているだけで高機能ラケットに使われている技術、性能はありません。中国製ということもあり価格も三分の一程です。

 

badmintonstring.hatenablog.com