海外製/海外販売のバドミントン用ストリング(ガット)や関連商品を紹介

バドミントンのストリング(ガット)や関連商品を紹介するページです。日本国内から海外発売/海外製のものまで。

バドミントンラケットの切断 修理ラケットを観察する

ナノレイ750の切断

海外にはラケットを修理するサービスがあります。日本からも依頼することができます。近年、日本のショップでもラケット修理サービスが複数出てきています。真似して修理をしてみたいと思います。

どのように修理しているか確認する

ここでは修理済みナノレイ750を切断して内部構造を見てみます。

f:id:yonexstring:20170606212129j:plain

外観

f:id:yonexstring:20170606212334j:plain

f:id:yonexstring:20170606212451j:plain

f:id:yonexstring:20170606212506j:plain

f:id:yonexstring:20170606212538j:plain

 

グロメットを外しました。100均の細い丸環を使うと早く外せます。

f:id:yonexstring:20170606212740j:plain

 

修理済みグロメットホールは元々と同じ直径です。シェアホールはほかの穴と比べ大きいです。

f:id:yonexstring:20170606212658j:plain

 

ホールの真ん中までカーボンで覆われています。

f:id:yonexstring:20170606212848j:plain

f:id:yonexstring:20170606212958j:plain

 

内側

f:id:yonexstring:20170606213042j:plain

 

サイズを測ってみます。

f:id:yonexstring:20170606213725j:plain

 

カーボンを巻いているところ。

f:id:yonexstring:20170606213742j:plain

カーボンを巻いていないところ。

f:id:yonexstring:20170606213803j:plain

 

カーボンを巻いているところ。

f:id:yonexstring:20170606213852j:plain

カーボンを巻いていないところ。

f:id:yonexstring:20170606213919j:plain

切断

ラケットはFRPです。切断するとカーボン繊維が出てきます。繊維が皮膚に刺さります。厚手の手袋や防塵ゴーグル・防塵マスク・防護服が必要です。【frp 切断 粉塵】なので検索し対策を十分する必要があります。

 

まずはカーボンを巻いていない箇所を切断します。

f:id:yonexstring:20170606214052j:plain

 

中にコア材が見えます。コア材は黄色ですがカーボン切削粉が付着し黒くなっています。コア材はヨネックスのWEBページにも記載があります。

スピン性能と打球パワーをさらに高めたVCORE Xi Speedを発売|NEWS ニュース | YONEX TENNIS ヨネックステニス

f:id:yonexstring:20170606214134j:plain

f:id:yonexstring:20170606214622j:plain

 

切断するのではなく、ラケットを折ってみました。中に見えているのがコア材です。

f:id:yonexstring:20170606214730j:plain

 

カーボン繊維が見えます。

f:id:yonexstring:20170606214824j:plain

 

赤線で切断してみます。

f:id:yonexstring:20170606215220j:plain

f:id:yonexstring:20170606215327j:plain

 

グロメットホールにも塗膜があります。

f:id:yonexstring:20170606215404j:plain

 

コア材は掻き取れるくらいの強度です。

f:id:yonexstring:20170606215524j:plain

 

シャフト付近も切断してみます。

f:id:yonexstring:20170606215633j:plain

f:id:yonexstring:20170606215719j:plain

 

Tジョイントがどうなっているか見てみます。

f:id:yonexstring:20170606215759j:plain

f:id:yonexstring:20170606215819j:plain

 

切れました。

f:id:yonexstring:20170606215849j:plain

 

f:id:yonexstring:20170606215921j:plain

f:id:yonexstring:20170606215953j:plain

f:id:yonexstring:20170606220009j:plain

 

シャフト

f:id:yonexstring:20170606220030j:plain

 

修理されている箇所を見てみます。グロメットホールがどうなっているか見てみます。

f:id:yonexstring:20170606220118j:plain

f:id:yonexstring:20170606220210j:plain

 

横に切ります

f:id:yonexstring:20170606220617j:plain

 

折れた部分が分かります。

f:id:yonexstring:20170606220647j:plain

 

ラケット修理の準備

修理をする上で参考にするページは下記です。

カーボンパーツ補修工房

 

カーボンを購入したページは下記です。

http://rosa-hp.sakura.ne.jp/caboncros.html

※上記ページにもありますが中華無印カーボンは扱いにくいです。ほかのショップでも構いませんので【東レ(日本製)】と明記してある品を購入すべきです。

 

切断したラケットからどのように修理するか想像します。既に材料は揃え試しましたので方法をまとめアップしたいと思います。