海外製/海外販売のバドミントン用ストリング(ガット)や関連商品を紹介

バドミントンのストリング(ガット)や関連商品を紹介するページです。日本国内から海外発売/海外製のものまで。

バドミントンラケット 修理 (補修) 折れた(ヒビ)部分を補強する その8

グロメットホール

グロメットホールを開けていきます。

通常:2mm。2.1mmのドリル刃(右側の赤)は既存の穴に通りませんでした。

シェアホール:2.5mm

ダイソーのドリルを使いました。写真の左側2つです。ボール盤を利用します。自宅に所有していなければホームセンターの工作室を借ります。

f:id:yonexstring:20170708230025j:plain

 

カーボンを巻いた反対側の穴をガイドにします。

f:id:yonexstring:20170708230240j:plain

 

養生テープを貼りグロメットホール位置を転写。

f:id:yonexstring:20170708230328j:plain

 

カーボンクロスを巻いた所に貼ります。内側も同じようにします。

f:id:yonexstring:20170708230406j:plain

 

開けました。

f:id:yonexstring:20170708230436j:plain

 

連結グロメットも付けられました。

f:id:yonexstring:20170708230507j:plain

 

フレア加工しているグロメットはホールに入れることが出来ません。カーボンを巻いていない側の連結グロメットも取り外してしまいましたが、再び付けることが出来ませんでした。ミスりました。

f:id:yonexstring:20170708230456j:plain

 

つづく。

 (実際にガットを張ってみるところまで)