海外製/海外販売のバドミントン用ストリング(ガット)や関連商品を紹介

バドミントンのストリング(ガット)や関連商品を紹介するページです。日本国内から海外発売/海外製のものまで。

バドミントンのガット張り機/ストリングマシンのメーカー

バドミントン ガット張り機 のおすすめ

ホームユーザー向けの【バドミントンラケットのガット張り機】について書いてみたいと思います。

 

ストリングマシンのメーカー


ストリングマシンの有名処は、XPider(普萊欣實業有限公司 台湾)、ヨネックス(日本)、バボラ(フランス)です。

XPider

XPiderはOEM生産を行うメーカーです。addidas、WILSON、PRINCE、VICTOR、LI-LIN、GAMMA、Y、G、T、S、a等へ供給していると言われます。

xpider.en.taiwantrade.com

 

ヨネックス

ヨネックスのストリングマシンは東洋造機が製造しています。ヨネックスと専属契約しており現行機購入価格は100万を超えます。昔の製品でGOSENも販売していた model-1400/1300の中古品 は価格も安くお得感があります。テンションユニットの中身は同じ電動スクリュー式マシンです。スクリュー式は故障が滅多にありません。

 

同じような品でもテニス専用とバドミントン兼用が存在しているのでバドミントンラケットを張る目的で購入する際は注意が必要です。例えば下商品はバドミントンには不向きです。


https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/c650807189

f:id:yonexstring:20180512161629j:plain


https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m250207661

こちらはバドミントン向き。テニスもOK

f:id:yonexstring:20180512162104j:plain

f:id:yonexstring:20180512163027j:plain

仮に昔の品でもメンテナンスしてくれます。

 

東洋造機で直接オプション部品を購入することが出来ます。model-1400用ですがほとんどの東洋造機のストリングマシンに取り付けることが出来ます。メーカーに問い合わせれば付けられるかどうか教えてくれます。

Model-1400 - 東洋造機株式会社

 

プロ用バネ式も作られていましたが今は販売されていません。販売価格が32万円と高価でした。オフィシャルストリンガー300(GM-300/GM-200)

f:id:yonexstring:20180703144324j:plain

 

 

バボラ


テニスラケットを張ると非常に張りやすいのです。しかし、バドミントンラケットは張りにくく、また修理がネックになり個人で購入するにはリスクが高いです。

 

その他
  • イグナス

イグナスはXPiderが分かれる前の会社と言われます。台湾から中国(シンセン)へ工場移転してから20年以上経過しています。一見XPiderと外見は同じでもMade in Chinaになると基板やモーター等を見比べると品質に雲泥の差があります。
「イグナスが各メーカーのOEM生産をしている」と巷で言われますが、現在では個人向けに低グレード品を販売しているのが主です。
現行品より台湾時代(Made in Taiwan)の古い品物が品質も良く張りやすかったりします。中古の程度が良い品が一番コスパがいいです。

 

 

  • 中国製

有名メーカーのガット張り機をコピーして販売する会社が氾濫しています。品質はピンキリなので、あたりを引くとコスパがいいです。

 

ガット張り機の種類

ガット張り機はいくつかに分類されます。(1)電動ロードセル式、(2)電動バネ式、(3)手動バネ式、(4)分銅式の4つに大きく分けられます。張りやすさの順番は(1)≧(2)≧(3)>(4)です。経験上、一番面圧を保つのが難しいのが分銅式です。

 

(1)電動ロードセル式

ロードセルとは、力(質量、トルク)を検出するセンサーのことです。モーター ↔ チェーン ↔ ロードセル の順でガットに掛かる負荷をロードセルで読み取ります。テンションをロードセルでデジタル的に処理しますので正確なテンション操作が可能です。コンピューター式とも言われます。下記で紹介されています。

Review.IT – Eagnas Plus 8000 Electronic Tension Headj0hn88.wordpress.com

(2)電動バネ式

電動バネ式は本体横のネジでバネを調節するタイプです。手動バネ式を電動に下だけです。

 実物を見てみます。イグナスのテンションヘッドです。イグナス製品はアプローチやトアルソンに比べ基板の半田付けが下手だったり、全てにおいて作りが荒いです。

 

正面

f:id:yonexstring:20180908140158j:plain

 

右側の黒いノブがバネを調整するノブ

f:id:yonexstring:20180908140235j:plain

f:id:yonexstring:20180908140957j:plain

 

右側(基盤の半田が剥がれそうなところがあります。基板に乗っている部品も斜めでとにかく雑です。モーターも一回り小さいです)

f:id:yonexstring:20180908140258j:plain

f:id:yonexstring:20180908140456j:plain

f:id:yonexstring:20180908140846j:plain

 

背面側

f:id:yonexstring:20180908140559j:plain

f:id:yonexstring:20180908140650j:plain

 

左側

f:id:yonexstring:20180908140712j:plain

f:id:yonexstring:20180908140734j:plain

停止スイッチ

f:id:yonexstring:20180908140801j:plain

 

仕組みはバネ式と同じです。

f:id:yonexstring:20180908141024g:plain

3のスイッチがON-OFFの二段階です。イグナスのテンションユニットとアプローチのテンションユニットを比べると全く別物です。

 

(3)手動バネ式

 

f:id:yonexstring:20180925155736j:plain

f:id:yonexstring:20170910163158j:plain

 

 

 (4)分銅式

仕組みは